お尻のおできはニキビと粉瘤というものが多い

「なんかお尻にかゆいような、痛いような感じがするなぁ。」「お尻を触るとイボみたいなボコッとしたものがある。」「鏡でお尻を見たら、なんかできてる!」

そんな風に感じたら、そのボコッとしたできものはなんなの?と気になりますよね。お尻というデリケートゾーンに近い皮膚なので、心配にもなってきます。「もしかして、なんかの病気なの?」と思うかもしれませんが、安心してください。それは病気という可能性よりも、ニキビや粉瘤(ふんりゅう)という可能性の方が高いです。ではなぜニキビができるのか、粉瘤とはなんなのか説明していきます。

皮脂腺があればどこにでもできるニキビ

お尻のできもので身近なものは、ニキビです。ニキビというと顔や背中などにできるイメージがありますが、体のどこにでもできます。なぜなら、体中に皮脂腺という皮脂が分泌する腺があるからです。お尻にだってあります。ニキビができる菌は皮脂をエサにして繁殖するため、お尻にだってニキビはできるのです。しかも、お尻は下着やズボンに覆われています。いつも暖かく、菌は寒い風邪から守ってくれる最高の居場所です。そのため、ニキビができやすいのです。

ニキビは刺激を与えなければ自然に治っていきます。しかし椅子に座ってニキビが痛いと感じているならば、ニキビが刺激を受けている場合があります。その時は刺激でニキビ痕が残らないように、炎症を抑える塗り薬を使うなどして早くニキビを治すようにしましょう。

お尻のおできの原因と種類について

垢が詰まった粉瘤

お尻のできもので一番多いのが、粉瘤というできものです。ニキビだと思って病院に行ったら、粉瘤だったという可能性もあります。

粉瘤とは、本来ならば皮膚から剥がれ落ちる垢が皮膚の中に剥がれ落ちてしまったものです。それがたまっていき、ニキビのようにボコッと晴れ上がったように見える場合があります。残念ながら、粉瘤ができる原因というのははっきり分かっていません。同じところに繰り返しできる事から、同じところの肌に刺激を何回も繰り返し受けているからではないかと言われています。

お尻だけではなく、耳やおでこなどこちらも体のいたるところにできます。髪の毛の生え際に粉瘤ができると、鬼のツノのように見える場合もあります。

粉瘤は自然に治るものではありません。粉瘤の中には垢などの老廃物がたまっているため、ニキビの膿みを出すようにぶちゅーっと老廃物を出せば粉瘤はなくなりますが、それをやると細菌がはいって化膿する場合があります。粉瘤を治すためには、手術しかありません。

ニキビと粉瘤の違いとは。

ではニキビと粉瘤をどうやって見分ければ良いのかというと、違いは痛みとおできがある期間です。

ニキビは患部を触ると痛みがあります。また、かゆかったりムズムズした感じもします。しかし粉瘤は、痛みもかゆみもありません。

また、ニキビは治っていきますが、粉瘤は治りません。しばらく治らなければ、粉瘤です。

お尻の黒ずみが出来る原因とは?

ケアせず放って置いたことでお尻に黒ずみができているかもしれません。

黒ずみが出来てしまうとプールや温泉などで肌を露出する際にとても恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。お尻のトラブルは、人には相談しずらい部分で悩まれている方も非常に多い部分です。

お尻の黒ずみの原因は人それぞれですが、黒ずみが出来てしまった場合の対処方や原因などをまとめてご紹介していますのでよろしければ下記のリンク先も一緒にご確認ください。

お尻ニキビ黒ずみ専用ピーチローズ
Peach Rose

お尻の黒ずみの原因は様々!
黒ずみを解消するおすすめのケア方法