知って愕然!お尻の色素沈着ができる原因はたくさんあった

お尻の黒ずみや色素沈着は、できてはいるけども気づいていないという女性は多いのではないでしょうか。

色素沈着は痛みがあるわけではなく、かゆみもありません。

ただ静かにそこにあります。

そして、誰かが気づいてくれるのを待っています。

その誰かとは、色素沈着がある女性ではなくて彼氏や旦那さんなどのパートナーだという事も多いです。

「仲良くなってイチャイチャしたら、なんか変なものを見てしまった…。」「顔はすごいタイプなのに、お尻が強烈!」なんて事もあります。

なぜ色素沈着が起きてしまうのか、色素沈着ができる原因を紹介しましょう。

色素沈着は肌を守るための行為

色素沈着ができる原因は、肌が刺激から皮膚を守ろうとするためです。

肌は刺激を感じると、その刺激を肌の奥まで伝えてダメージにならないようにするために肌を黒くして刺激を最小限に押さえようとします。

その黒い色素がメラニンと呼ばれるもので、肌が危険だと判断すると発生します。

色素沈着ができている場所は、黒くなるのと同時に肌が固くなっている場合が多いです。

これも、柔らかい肌だと刺激に耐える事が難しいと肌が判断したからです。

たった一回の刺激で色素沈着をしてしまう事はあまりありませんが、継続的に刺激を受けると肌は色素沈着を起こして黒くしてしまいます。

その継続的な刺激の原因は様々です。

お肌の色素沈着を治す方法を取り入れケアをはじめませんか?

下着のこすれで色素沈着に。

では、その継続的な刺激とはなんなのかというのを見ていきましょう。

刺激の種類はたくさんありますが、身近な例だと下着のこすれです。

肌にまとまわりつくようなキツイ下着は、肌への継続的な刺激となります。

色素沈着が下着のラインに沿ってできている場合は、下着が原因だと断定できるでしょう。

お尻をきゅっと小さく見せるような下着はお尻の見た目は良いのですが、黒ずみの原因になるので避けた方が良いです。

男ウケは悪くても、多少はだらっとしている下着で無理なく肌に優しい下着をつけている方が良いです。

なかには下着の繊維が肌に合わないという敏感肌の人もいるかと思うので、そういった時は有機栽培の綿からできた下着をつけると改善するかもしれません。

代謝が落ちてしまうとメラニンが抜けない肌になる。

次に色素沈着をしてしまう原因として考えられるのが、代謝が落ちてしまった場合です。

代謝が落ちると、色素沈着の原因であるメラニンが肌からなかなか抜け出す事ができません。

すると色素が残ってそこにずっと居座ります。

代謝が落ちる原因としては、老化が考えられます。

体は自然と成長して老化していくため、誰もが色素沈着を経験するでしょう。

また、冷え性でも代謝は落ちてしまいますし、ホルモンバランスの崩れが原因で色素沈着を引き起こしてしまう場合もあります。

そして、ニキビができた後に代謝が悪くてメラニン色素が抜けないという原因もあります。

色素沈着は外部の刺激からできてしまう場合もありますし、代謝が原因と様々な事が考えられます。

お尻の黒ずみが出来る原因とは?

ケアせず放って置いたことでお尻に黒ずみができているかもしれません。

黒ずみが出来てしまうとプールや温泉などで肌を露出する際にとても恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。お尻のトラブルは、人には相談しずらい部分で悩まれている方も非常に多い部分です。

お尻の黒ずみの原因は人それぞれですが、黒ずみが出来てしまった場合の対処方や原因などをまとめてご紹介していますのでよろしければ下記のリンク先も一緒にご確認ください。

お尻ニキビ黒ずみ専用ピーチローズ
Peach Rose

お尻の黒ずみの原因は様々!
黒ずみを解消するおすすめのケア方法