下着の摩擦による色素沈着のアレコレ

日常的につけている下着。

けれどその下着が色素沈着を引き起こしているかもしれません。

身に覚えがありませんか?足の付け根の黒ずみ…。

そんな嫌~な下着による色素沈着についてです。

原因

そもそも、下着で色素沈着してしまうのが不思議ではありませんか?洋服で色素沈着は聞いた事がありませんよね。

その原因はズバリ摩擦です。

下着はその特性上ピッタリとしています。

ピッタリしているだけなら問題はありませんが、足の付け根、いわゆるビキニラインは動かさざるを得ない部位です。

つまり、日常的に下着でビキニラインを擦り続けている状態なのです。

肌は摩擦からビキニラインを守る為にメラニン色素というものを発生させます。

そのメラニンが黒ずみの原因となっているのです。

摩擦による色素沈着はビキニラインだけではありません。

常に擦れているお尻もそうです。

自分では見えにくい部分なので自覚がある方は少ないと思いますが、意外とお尻も黒ずんでいます。

特にデスクワークなどで椅子に座る事が多い方はより黒ずみやすいようです。

そしてブラジャーが原因で色素沈着することもあります。

人により黒ずむ部分は様々ですが、主に肩紐が当たる部分やワイヤー部分が多いようです。

色素沈着をなんとかしたいけれど、まさか下着をつけずに生活するわけにはいきませんよね。

対策

ビキニラインの場合、夜間だけ下着をつけずにいると色素沈着が軽減されます。

昼間は無理ですが夜間だけなら試しやすいですよね。

例え夜間だけでも着用時間が約三分の一くらい減らせます。

ビキニラインだけではなく、お尻の摩擦も減らすことが出来一石二鳥です。

そしてそれと平行して実践したいのが保湿です。

乾燥した肌は摩擦に弱く、より色素沈着しやすい状態です。

なのでクリームやオイルなどで肌に潤いを与えましょう。

この時使用したいのは、専用商品です。

今は色素沈着してしまった黒ずむに効果があるクリームなどが販売されています。

ただ保湿するだけよりも効果が得られる事でしょう。

下着の選び方

そして下着の選び方も重要になってきます。

ゆるゆるがいいわけではありませんが、余りにもピチピチな下着は当然ながら摩擦が起きやすくなります。

ブラジャーの場合、肩紐が短すぎませんか?サイズ選びが適正でなかったり、胸の形に合っていないとワイヤーが当たり色素沈着してしまいます。

どうしてもワイヤーの跡が消えない場合、ノンワイヤータイプもいいと思います。

ノンワイヤーというと胸の肉が流れていきそうですが、今のノンワイヤーはホールド力があります。

また、ノンワイヤーなのに盛れるタイプも販売されています。

次はショーツの選び方です。

程良くフィット感があるのは当たりですが、ナイロンタイプはNGです。

ナイロンは滑りが一見良さそうですが、実は一番摩擦が起きます。

なので理想はシルク素材です。

経済的に難しい場合は綿でもかまいません。

今は綿のショーツでもオシャレでかわいいデザインの物がたくさんあります。

お肌の色素沈着を治す方法を取り入れケアをはじめませんか?を参考に出来ることから実践していき、色素沈着のないキレイなボディを目指しましょう!

お尻の黒ずみが出来る原因とは?

ケアせず放って置いたことでお尻に黒ずみができているかもしれません。

黒ずみが出来てしまうとプールや温泉などで肌を露出する際にとても恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。お尻のトラブルは、人には相談しずらい部分で悩まれている方も非常に多い部分です。

お尻の黒ずみの原因は人それぞれですが、黒ずみが出来てしまった場合の対処方や原因などをまとめてご紹介していますのでよろしければ下記のリンク先も一緒にご確認ください。

お尻ニキビ黒ずみ専用ピーチローズ
Peach Rose

お尻の黒ずみの原因は様々!
黒ずみを解消するおすすめのケア方法