お尻が汚くなる前に綺麗にする方法を学ぼう

人には言いづらいし見せづらいお尻のトラブル。

お尻にぶつぶつが出来たり、黒ずみが出来てしまう原因とその改善方法についてまとめていきます。

お尻が汚くなる原因

そもそもどうしてお尻が黒ずんだりぶつぶつが出来てしまうんでしょうか。

原因になってしまうものとして、締め付けの強い下着を着用する事による摩擦や身体を洗う時に執拗に擦るのもお肌にはよくありません。

普段から座った状態でお仕事をされている方だと、汗をかいた時もこもりやすい環境なので蒸れてニキビが出来やすくなります。

そして、お肌の角質層が分厚くなってしまいやすくなります。

お尻もお肌ですから、蒸れてしまってもいけませんが乾燥も大敵です。

乾燥してしまう事によってお肌のバリア機能が低下してしまいます。

バリア機能が低下してしまう事によって、角質層が厚くなります。

角質層が厚くなると、お肌のスベスベ感がなくなってゴワゴワした感じがしたりくすみが出たりしてしまいます。

黒ずみやニキビを綺麗にするには

どれだけ気をつけていたつもりでも、ニキビや黒ずみが出来てしまう事もあります。

では、出来てしまった場合にはどうすれば綺麗なお肌の状態に戻るのか?乾燥によってダメージを受けてしまうので、まずはそのダメージを重ねて受けてしまわないように保湿をしましょう。

乾燥している状態では、お肌が本来持ち合わせているバリア機能が正常に働く事が出来ず、肌を外部刺激から守る事が出来ません。

黒ずみが酷い場合には美白成分が配合されている保湿クリームを使うと良いでしょう。

美容成分が配合されている物も豊富にあり、お肌そのものを綺麗に出来ます。

お尻専用のクリームというのもありますから、気になっている方はクリームを使うのも予防策の一つです。

下着には気を使う

常に身に着ける事になる下着には特に気を使いましょう。

締め付けが強いと摩擦や蒸れの原因になってしまいます。

他にも血流が悪くなって、老廃物を溜めやすくなります。

サイズだけではなく、素材も着用した時に不快感を感じるような物ではいけません。

着用する下着は通気性が良いものを選びましょう。

洗い方は大丈夫?

確かに汚れを落とそうと思ったら、擦った方が落ちるかもしれません。

しかし、過度に擦りすぎて肌を傷つけてしまっては意味がありません。

下着での締め付けと同様に、摩擦は肌に悪影響です。

摩擦を与える事によって黒ずみの原因になってしまいます。

肌を洗う時はしっかり石鹸を泡立てて優しく洗いましょう。

入浴後には保湿ケアも行って、綺麗な肌の状態で保てるようにしましょう。

普段から清潔を心がける事も大切です。

お尻の黒ずみが出来る原因とは?

ケアせず放って置いたことでお尻に黒ずみができているかもしれません。

黒ずみが出来てしまうとプールや温泉などで肌を露出する際にとても恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。お尻のトラブルは、人には相談しずらい部分で悩まれている方も非常に多い部分です。

お尻の黒ずみの原因は人それぞれですが、黒ずみが出来てしまった場合の対処方や原因などをまとめてご紹介していますのでよろしければ下記のリンク先も一緒にご確認ください。

お尻ニキビ黒ずみ専用ピーチローズ
Peach Rose

お尻の黒ずみの原因は様々!
黒ずみを解消するおすすめのケア方法