お尻のニキビ

お尻はニキビができると跡になって残る場合もあります

お尻は皮脂腺が多いため、ニキビができやすい場所だと言えます。

そして、ニキビはできた後が勝負だと言えます。

なぜなら、ニキビはきちんと治さないと跡になってニキビが治った後も肌が汚いからです。

では、お尻のニキビ跡ってどんなものなの?というのを説明していきましょう。

続きを読む

お尻のニキビ跡が残っているかもしれません

Foundry / Pixabay

お尻は目から見えないため、痛みやかゆみを感じなければわざわざ鏡で見ようとはしませんよね。そのため、お尻にニキビができた時に痛みでニキビは見ますが、ニキビがなくなると痛みが消えてお尻に見向きもしなくなります。

しかし、見ていないだけで実はニキビ跡が残っているかもしれないのです。そして、そのニキビ跡はパートナーから見られているかもしれません。

ニキビ跡には二種類ある

お尻のニキビ跡は、顔のニキビ跡と同様に二種類あります。色素沈着タイプとクレータータイプです。それぞれがどうやってできるのかという事を書いていきたいと思います。

色素沈着タイプ

顔のニキビにも言える事なのですが、ニキビは肌の炎症です。つまりやけどなのです。そのやけどを消そうと肌は色素を黒くして、肌を守っていきます。そうする事で、肌のダメージを少なくしていくのです。

色素沈着というと、日焼け後にできるシミを想像する人もいると思います。日焼け後のシミも同じく紫外線という火事から肌を守ろうとしているのです。

ニキビができたせいで色素は必死に肌を守ろうとしますが、肌の代謝が悪いと色素はそこに残ってしまいます。そして、それが定着してシミになってしまうのです。肌の代謝は歳をとるごとに落ちていくため、若い時はシミなんてできなかったのに‥という人でも、歳を重ねるといつの間にかお尻にシミができてしまう事が多いです。

クレータータイプ

クレーターは隕石が地球に降ってきた時にできるものですよね。大きな穴となり、なかには湖になってしまうものもあります。

ニキビでいうクレーターとは、皮膚がニキビのアクネ菌と戦った時の傷跡です。ニキビはそこに住み着いている時間が長かったり、無理にニキビを潰そうとすると肌が傷ついてしまいます。少しの傷ならば自然に肌が修復していきますが、傷が深いと肌の奥まで傷ついてしまい、修復不可能となります。または、変な風に修復してしまったためにデコボコの肌になってしまうのです。

ただの擦り傷ならば跡はあまり残りませんが、包丁で指を切ってしまったなどの血がダラダラと流れるぐらい深い傷は、跡に残りやすいですよね。それと一緒です。

お尻の場合は、座った時にニキビが下着に触れてニキビがつぶれてしまったり、お風呂で体を洗う時にボディタオルでニキビを擦ってしまったりと、ニキビがつぶれやすい部分です。なんせお尻は見えないため、こういった事が起きるのです。

吹き出物ができて初めてお尻のケアの重要性に気づく時

小さい頃は、大人になったら白い桃のような綺麗なお尻になるんだと信じていた方も多いはず。

しかし、いざ大人になると、膿が溜まったような吹き出物や、ザラザラしたお尻に悩まされがち。顔には何種類ものスキンケア製品があるのに、お尻専用のスキンケア商品はなかなかありません。ボディクリームという商品でお尻もケアするんでしょうね。しかし、お尻って、摩擦が多いし座ると体重がのしかかってくるし、実はもっとケアを重視した方がいいのかもしれません。

しかし、視界に入らないとなかなかケアしようという意欲が湧かないもの。痛くなったりして初めてお尻のケアの重要性に気づくことも。加齢とともに吹き出物の治りが遅くなったり、吹き出物の跡がなかなか消えないもの。では、吹き出物やざらざらと、どうオサラバするのでしょう。

続きを読む

お尻のニキビはなぜできる?跡に残ってしまった時の対策

お尻はニキビができてもあまり見えない場所というだけで、ニキビができやすい場所です。なぜなら、皮脂の分泌がまあまあ多い場所だからです。しかも下着で蒸れやすいため、ニキビの原因であるアクネ菌が住みやすい場所なのです。

ニキビができても痛みやかゆみがなければ気がつきませんが、下着でニキビが擦れて、ニキビ跡になってしまう可能性もある場所です。

では、ニキビ跡ができてしまったらどうすれば良いのでしょうか?また、そうならないための対処法はあるのでしょうか?

続きを読む

お尻ニキビに効くクリームとは?

人には言えないけど気になるお尻のブツブツ。それって『お尻ニキビ』じゃありませんか?

ニキビというのはお顔の場合も同じなんですが、きちんと対処しなければ痕が残ってしまいます。お尻に出来てしまったニキビを綺麗に治す為に、効果的なクリームというのはたくさん出ています。

お尻ニキビを治す為に必要な効果とは一体何なんでしょうか。

続きを読む

おしりのできものの原因

椅子などに座ると「あれ?なんか痛いな‥。」と感じたり「なんか違和感を感じるな。」という時はありませんか?そういったお尻のできものの原因は、ニキビや粉瘤です。

ニキビ

ニキビは顔にできるものというイメージがありますが、身体中にできます。毛穴があればできるため、お尻にもできるのです。ニキビの原因は、過剰に分泌された皮脂です。皮脂は体を乾燥から守る役割がありますが、ホルモンバランスが崩れて必要以上に分泌されてしまう場合があります。そして、それがニキビとなってしまうのです。

お尻にニキビができやすいのは、人間が座るからです。座ると、お尻は上半身の体重全てを支えなければいけません。そのため、皮膚は固いフローリングでもきちんと座れるように皮膚を固くします。

皮膚が固くなるというのは、角質が厚くなるという事です。角質が厚くなってしまうと毛穴をふさいでしまい、皮脂が詰まりやすくなります。さらに下着や衣服でお尻は蒸れやすいため、ニキビの原因となる菌が繁殖しやすくなります。こういった理由で、お尻はニキビができやすい場所となってしまうのです。

続きを読む