お尻はニキビができると跡になって残る場合もあります

お尻は皮脂腺が多いため、ニキビができやすい場所だと言えます。

そして、ニキビはできた後が勝負だと言えます。

なぜなら、ニキビはきちんと治さないと跡になってニキビが治った後も肌が汚いからです。

では、お尻のニキビ跡ってどんなものなの?というのを説明していきましょう。

ニキビを守るために戦ったメラニンが原因

お尻のニキビ跡も顔のニキビ跡も、ニキビが発生すれば同じような跡が残ります。

その跡で代表的なのが、黒ずみです。

ニキビができた跡に黒く皮膚がこずんでしまい、シミになっていきます。

なぜ黒ずみが発生するのかというと、ニキビという外部の刺激から肌を守るためにメラニンが発生するからです。

メラニンは日焼けした後も発生し、肌を炎症から守ってくれます。

肌を強くするために発生したメラニンは、ニキビがなくなると自然と消えていくはずでした。

しかし肌の代謝が落ちていると、メラニンを消す力が肌にはありません。

そうなると、メラニンは肌に残ってしまいます。

それが黒ずみです。

肌を守るためのヒーローが、武器を捨てずに居座ってしまったような状態なんです。

ニキビと戦った戦場、クレーターやしこり

次にお尻のニキビ跡で多いのが、クレーターやしこりなどの肌の凹凸です。

これは、ニキビが発生した後の戦場だと思ってくれればわかりやすいです。

ニキビができると、皮膚はそれを追い出そうと戦います。

風邪を引くと、熱を出してウィルスと体は戦いますが、ニキビの場合は肌が炎症を起こします。

そしてニキビがなくなっていくと、肌は戦ってボコボコになった皮膚を再生しようとします。

切り傷が自然と治っていくように、肌も自己治癒力があるのです。

しかし、急いで治癒しようとすると、肌はできが悪い皮膚を作ります。

それがクレーターやしこりのように、凸凹になった肌です。

しこりは、何回もニキビができた場所にできやすいです。

肌が再生するために頑張ったけども、頑張りきれなかった姿です。

ニキビができたら、保湿と美白美容液を!

ではニキビ跡にならないためにどうしたら良いかです。

ニキビは肌が戦争中なので、肌を応援してあげるのがニキビ跡にならないための条件です。

その応援の仕方は、保湿と美白美容液です。

炎症はやけどと一緒なので、肌が乾燥している状態です。

そのため、化粧水や乳液できちんと肌に水分を与えてあげれば皮膚は喜びます。

ニキビができる場所がお尻だったとしても、スキンケア用の化粧水や乳液を使いましょう。

スキンケア用はボディ用に比べると肌に優しい作りになっています。

それに、様々な種類がメーカーから出ているので、値段や香りなど自分が好きなものを選べます。

また、美白用美容液はビタミンCなどの肌の保湿に大事なものがはいっています。

色素沈着してシミにならないようにするために、ニキビがある時から美白してあげましょう。

お尻と言えども、ニキビ跡があると気分が落ちてしまいますよね。

そのため、気を抜かないようにケアしてあげましょう。

お尻の黒ずみが出来る原因とは?

ケアせず放って置いたことでお尻に黒ずみができているかもしれません。

黒ずみが出来てしまうとプールや温泉などで肌を露出する際にとても恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。お尻のトラブルは、人には相談しずらい部分で悩まれている方も非常に多い部分です。

お尻の黒ずみの原因は人それぞれですが、黒ずみが出来てしまった場合の対処方や原因などをまとめてご紹介していますのでよろしければ下記のリンク先も一緒にご確認ください。

お尻ニキビ黒ずみ専用ピーチローズ
Peach Rose

お尻の黒ずみの原因は様々!
黒ずみを解消するおすすめのケア方法