おしりのできものの原因

椅子などに座ると「あれ?なんか痛いな‥。」と感じたり「なんか違和感を感じるな。」という時はありませんか?そういったお尻のできものの原因は、ニキビや粉瘤です。

ニキビ

ニキビは顔にできるものというイメージがありますが、身体中にできます。毛穴があればできるため、お尻にもできるのです。ニキビの原因は、過剰に分泌された皮脂です。皮脂は体を乾燥から守る役割がありますが、ホルモンバランスが崩れて必要以上に分泌されてしまう場合があります。そして、それがニキビとなってしまうのです。

お尻にニキビができやすいのは、人間が座るからです。座ると、お尻は上半身の体重全てを支えなければいけません。そのため、皮膚は固いフローリングでもきちんと座れるように皮膚を固くします。

皮膚が固くなるというのは、角質が厚くなるという事です。角質が厚くなってしまうと毛穴をふさいでしまい、皮脂が詰まりやすくなります。さらに下着や衣服でお尻は蒸れやすいため、ニキビの原因となる菌が繁殖しやすくなります。こういった理由で、お尻はニキビができやすい場所となってしまうのです。

粉瘤 ふんりゅう

ニキビと間違いやすいのが、粉瘤というできものです。粉瘤の原因は、残念ながら分かっていません。しかも自己治療が難しいできものです。

粉瘤は、皮膚の中に垢や脂がたまってしまったものです。垢や脂はポロリと肌から剥がれ落ちますが、粉瘤の場合は皮膚の中に落ちてしまいます。よく粉瘤を見ると、肌の表面に黒い穴が開いていて、それをつまむとニューと白い物がでてきます。ニキビと見分ける方法は、匂いです。粉瘤は鼻を近づけると臭いです。

粉瘤は良性の腫瘍なので、体に悪さはしません。しかし粉瘤の穴から細菌が入ってしまうと感染し、痛みを感じる事があります。また、どんどん大きくなっていくとお尻につぶされて痛みを感じる事もあります。そのため、放っておいて良いというものではありません。粉瘤は老若男女でき、お尻以外にもできます。お子さんのお尻に粉瘤ができたら、早めに治療してあげるといいでしょう。

お尻はモチモチしていて、脂肪がたくさんあるので頑丈な場所だと思いますよね。しかし本当は冷たくて固いフローリングに腰を下ろしたり、体重を支えたりして酷使している部分なのです。そのため、お尻にできものができやすい場所です。粉瘤は原因が分かりませんが、ニキビは皮脂が原因だと分かっているため、お風呂に入ったらきちんと洗って清潔にしておきましょう。

お尻の黒ずみが出来る原因とは?

ケアせず放って置いたことでお尻に黒ずみができているかもしれません。

黒ずみが出来てしまうとプールや温泉などで肌を露出する際にとても恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。お尻のトラブルは、人には相談しずらい部分で悩まれている方も非常に多い部分です。

お尻の黒ずみの原因は人それぞれですが、黒ずみが出来てしまった場合の対処方や原因などをまとめてご紹介していますのでよろしければ下記のリンク先も一緒にご確認ください。

お尻ニキビ黒ずみ専用ピーチローズ
Peach Rose

お尻の黒ずみの原因は様々!
黒ずみを解消するおすすめのケア方法