原因・対策

お尻のおできの原因と種類について

お尻のおできについてのお話をさせていただきます。まず、できものと言うのは外敵による肌への刺激や雑菌の混入または圧迫により敏感な肌が反応してできてしまうものになります。

ですので顔や腕にできた場合には人目についてしまいやすいと言う反面で自分でも見つけやすいので処置を早めにできるというメリットもあります。しかしこれがお尻にできてしまった場合にはどんなに夏場でも洋服を着ていますので下着や水着になっても見える部分だけしか気が付くとことができません。ですので発見が遅くなってしまい、その分処置も遅れてしまうと言うことになってしまいます。

因みにまだかゆみがあれば気がつくこともできますが、お尻にできたできものだと洋服の上からしかかくことができませんので痒みが解決できずに余計にイライラすると思います。そんな中でお尻にできるできものにも幾つかの原因と種類がありますのでそのことについてお話をして行きたいと思います。

ニキビ

まず最初にお話をするのはニキビです。特にニキビニキビついては皆さまもご存知の通り顔にもできるおできになります。ですので顔であろうとお尻であろうとニキビが発生する原因については、変わりはありません。

その原因と致しましては皮脂が過剰に分泌されることと、毛穴が詰まってしまうことでニキビができてしまいますので、ある意味皮脂腺がある場所であればどこにでもできてしまう可能性があると言うことにもなります。

でも考えてみるとお尻は直接的に日光が当たりませんし汗もかかないと言うイメージがありますよね。

確かに顔に比べると汗はかかないです。

でもその分下着や洋服によって肌が擦れてしまい過角化が進みやすい場所になるのです。また特にデスクワークが多い方におかれましては1日中椅子に座っているとお尻が圧迫されてしまいますのでお尻の皮膚に圧力がかかってしまうことで皮脂が溜まりやすくなるのです。

以上がお尻にできるニキビの原因になりますが、次に対応策と致しましては顔や腕と違って発見しにくい場所と言うこともありますが、そもそもニキビと言うものは皮脂が過剰分泌をすることが原因となりますので、生活習慣を見直すことが大切になります。

具体的には食事をインスタント物や肉類に偏っている様でしたらバランスよく魚類や野菜、穀物類も食べる様にしたり、お酒やタバコを吸う方は少し控える様にしたり、睡眠時間が少ない方はなるべく6時間は取る様にしたり、また会社にいる時には1時間に一度は立ち上がって背伸びをしたり2~3分は給湯室に行くなど、椅子から立ち上がってお尻にかかる負担を減らしてあげましょう。

これらのことは取り組もうとすれば今日からでもできることになりますし、これらのことだけでもお尻にできるニキビができにくくなりますので、気になる方は直ぐに心がけてみましょう。

毛孔性苔癬

皆さまは毛孔性苔癬と言う言葉を聞いたことはありますでしょうか?ちょっと読みにくい漢字ですが、これは『もうこうせいたいせん』と読みます。この毛孔性苔癬と言うものは原因としては毛穴が詰まってしまうことで肌にブツブツしたおできができる症状になります。

また毛孔性苔癬はどちらかと言うと男性よりも女性がなることが多い症状になります。子供の頃からなる人もそんなに多くはありません。ですのでもしも成人した後でお尻にブツブツしたできものができてしまった方は一度は皮膚科で診てもらった方が良いでしょう。

しかしこの毛孔性苔癬は健康上の問題はほとんどないので気にならない方であればそのまま放っておいても大丈夫です。

粉瘤

またまた読みにくい漢字が出てきましたがこれはふんりゅうと読みます。この粉瘤とはどの様な物かと言いますと、身体にできるできものには色々な物がありますが、お尻にできるおできの中ではこの粉瘤が一番多いケースになります。

この粉瘤は良性の腫瘍になりまして、どの様な状況になるかと言いますと皮膚の下に袋ができて、その中に皮脂やアカが溜まることによってできます。
そしてこの粉瘤の特徴と致しましてはパッと見はニキビと見分けがつかないくらいなのですが、ニキビと違って放っておいても治らないので皮膚科に行かれることをお勧め致します。

また治ったと思っても何度も同じ場所にできるのも粉瘤の特徴の1つになります。

そしてニキビとの見分け方と致しましては、おできが治ったとしてもその部分の毛穴がへっ込んでいますので、これでニキビか粉瘤可能性違いが見極められると思います。

そして前半でもお話をした通りに粉瘤は良性のできものになりますので、大事に至ることはありませんが、放っておくと最近が入ってしまって炎症を起こす可能性もあります。

そうすると会社でデスクワークの方は特に座ると痛みを伴うこともありますので粉瘤だと思った場合には、なるべく早めに皮膚科に行って治療されることをお勧め致します。

その他のお尻のおでき

さて今まではニキビや粉瘤についてのお話をさせていただきましたが、その他のお尻のおできについてのお話をさせていただきます。

またこれらは必ずしもお尻にしかできないおできではなく、他の部分にできることもありますので参考程度に留めておいて下さい。

まず最初にお話をするのは『色素性母斑』(しきそせいぼはん)です。これはいわゆるほくろが大きくなった様な物になります。ですので気になったら皮膚科に行ってみると良いと思います。

次は脂漏性角化状(しろうせいかかくしょう)になります。これは見た目はシミに似ていますが、形がちょっと盛り上がっています。ですが、良性のできものになります。

また悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)と呼ばれる物もありまして、これは名前の通りに悪性の腫瘍になりますので直ぐに皮膚科に相談した方が良いでしょう。

メカニズム通りに致しましては色素細胞(メラノサイト)が癌化した物になります。

見た目がほくろに似ているので通常ほくろの癌とも呼ばれています。

ですのでこの場合には早急に病院に行って手術をすることをお勧め致します。

また基底細胞癌(きていさいぼうがん)と言いまして悪性の腫瘍になるのですが、症状と致しましては黒色または灰黒色のおできになり、ゆっくりと増大してゆき、進行してゆくと中央部が崩れて潰瘍を作っていく性質があります。

ですのでこの型についても至急手術が必要になります。

以上、お尻のおできには色々なタイプがありますので、気になる方は我慢をしないで一度皮膚科に行って診察してもらうことをお勧めいたします。

お肌の色素沈着を治す方法を取り入れケアをはじめませんか?

肌の色素沈着

さて本日は色素沈着の治し方についてのお話をさせていただきます。皆さまのお肌は色素沈着を起こしておりませんでしょうか?

色素沈着とはシミのことで、目立つシミとなるとメイクなどをしても上手く隠すことができず、女性にとっては大きな悩みとなります。

この色素沈着を消すためには、まずは原因を知ってこれ以上増やさないことが大切です。そして、そのケアと同時に、シミを消すケアをしていくことで、徐々に効果が現れ、以前のようなシミのない綺麗な肌に戻ることができます。

お肌と言うのは実はとてもデリケートな部分になりましてチョットしたトラブルが色素沈着を起こしてしまう場合もあります。

そして一度色素沈着になってしまいますと、なかなか治りにくいので色素沈着を隠すために、メイクを濃いめにして隠そうとする方が多いはずですが、実はこの様にメイクで隠さなくても根本から色素沈着を治す方法がございますので色々な色素沈着の原因を知るとともに推奨するいくつかご紹介をさせていただきたいと思います。

もし色素沈着でお困りの方がいらっしゃいましたら参考にしてみて下さい。

続きを読む

座り仕事をしている人のお尻の悩み対策

皆さん「お尻」って気にした事ありますか?お尻は、基本見えない所なので気にしていない方もいるのではないでしょうか。

見えないからと言って何も気にせず過ごしていると、お尻に「ブツブツ」や「黒ずみ」などできていて、いざという時恥ずかしい思いをしてしまいます。

ブツブツや黒ずみを、放置していると病院に行く程酷くなってしまう時もあります。

やはりお尻を、見せるのって凄く恥ずかしいと思う方が多いと思うので、そうならないように[原因]とその[対策]を紹介したいと思います。

今ブツブツや黒ずみがある方やなりたくない方、それで悩んでいる方は普段の生活で気を付けたり改善すりことで、良くなったりするので最後まで読んで頂けたらと思います。

続きを読む

色素沈着とお尻の症状について

普段お尻って見えない所だから、あまり気にせずにいる方多いのではないでしょうか?しかし気づくと「ニキビ」「ボツボツ」「黒ずみ」と言う症状が出ていたなんて事があると思います。

見えない所かもしれませんが、見えないからといってほったらかしにしていたら、いざ温泉やプールや彼に見られて恥ずかしい思いをした経験がある方もいるのではないでしょうか?そんな経験をしないように、お尻に症状が出ないようにしましょう。

お尻にもちょっとだけ気遣いをしてあげるだけで今より綺麗なお尻になる可能性があります。

まずは、何故そんな症状ができてしまうのか、どうすれば治るのか?[原因][対策][ケア][日常生活]について紹介していきたいと思います。

続きを読む

内股にできる赤い発疹の正体は、蕁麻疹(じんましん)が多い?

突然、内股がかゆいなぁ‥と思って見てみると、赤い発疹がブツブツと出来上がっているのを見た事はありませんか?全くこういった経験がないという人もいますし、昔あったという人もいると思います。

または、今でもたまにあるという人もいるかと思います。

この内股の赤いブツブツはなにか?という特定は素人では難しいのですが、皮膚科に行ってみたら蕁麻疹だったというケースが多いです。

そして、蕁麻疹の原因は実に様々です。

ハウスダスト、ダニ、ストレス、温度差、ペット‥。

原因を特定するためには、赤い発疹が出た時に「なにかやったかなぁ?」と振り返ってみるのが大事です。

続きを読む

お尻の乾燥が起きる原因と改善方法は?

Unsplash / Pixabay

女性なら誰でも「ツルツルモチモチな赤ちゃんのようなお尻」は理想ですよね。

ですが、お尻はデリケートで皮膚があまり厚くない部位。ケアを怠ってしまうと下着の摩擦、座っている間の摩擦によって皮膚が厚くなり乾燥によりザラザラしたまるで「象のようなお尻」になってしまいます。

では、何故ザラザラとしたお尻の乾燥が起きてしまうのか?また、乾燥に悩まされている場合はどうしたら改善出来るのでしょうか?

お尻が乾燥してしまう原因1:体重による圧

長時間のデスクワーク、または座る時間が長い仕事をされている場合お尻へ体重の圧が掛かる為、血流が悪くなってしまったり、座っている場所との擦れから摩擦の影響を受けます。

お尻の皮膚は厚くないため、長時間座ったままの状態が続けばそれによりお尻が乾燥してしまうのです。

だからと言ってデスクワークを止めるのは難しいと思いますから、お尻への負担を軽減するためにクッションや座布団を使うと良いでしょう。

お尻が乾燥してしまう原因2:ホットカーペットの熱

冬場に大活躍するホットカーペット。程よい暖かさなので、暖房を使うと暑すぎると感じる方には欠かせない物ではないでしょうか。

そんなホットカーペットですが、熱が直接お尻に伝わりやすいので長い時間使い続けたり、温度を高くしすぎるとお尻が乾燥してしまう原因になってしまいます。

温度を低めにするか座布団を使うなどでお尻の体重が加わる場所に熱が集中しすぎないように工夫すると乾燥を防ぐことが出来ます。

お尻が乾燥してしまう原因3:下着による摩擦

常日頃着用する「下着」。サイズの合わない締め付けによっても、お尻はかなりのダメージを受けてしまいます。

分かりやすい例に膝や肘も付けている時間が長いと、黒ずんだり粉が吹いて白くカサカサしたりしますよね?これと同じ現象がお尻にも起きているという事になります。

お尻の乾燥を改善するためには?

赤ちゃんのうなツルツルモチモチのお尻になる為にどうすれば良いのでしょうか。

お尻の肌の手入れの仕方とお顔の肌の手入れの仕方は違うと考えている方がいます。

ですが、手入れの仕方は同じです。むしろお顔よりも皮膚が薄いため、乾燥しやすいので保湿はお顔よりも念入りにする必要があります。

自分では見えづらい部位ですので、丁寧なケアは難しいかもしれませんがお風呂上がりにはたっぷりと保湿して乾燥を防ぎましょう。

また、お尻が乾燥してしまう原因に「下着による摩擦」がありますが、下着は常日頃身に付ける物ですから自身のサイズに合ったものを身に付ける事を心がけましょう。

そして、お尻も肌の一部。生活習慣が乱れているとターンオーバーが乱れるだけでなく黒ずみの原因となります。

睡眠不足、栄養不足、運動不足などの不摂生な生活を続けていてはいくら毎日丁寧な保湿をしていても全てが水の泡。

内面から黒ずみや乾燥を作らない体づくりも乾燥を改善するために欠かせないポイントになります。

自身の生活習慣に問題がないかどうか、今一度再確認する必要がありますね。

お尻のざらつきの原因と改善方法について

elijahssong / Pixabay

ふと触れた時「あれ?何かお尻がザラザラしてるような…」そう感じた事はありませんか?

普段自分で見られる場所ではありませんが、実は摩擦によるダメージをかなり受けやすい部位なんです。

ほぼ常に着用している下着による摩擦、座っている時に受ける摩擦…摩擦での刺激を受けやすいお尻は角質が溜まりやすく肌が硬くなりやすい場所です。

具体的にお尻にざらつきが出てしまう原因とは一体何なのでしょうか。

お尻がざらつく原因

普段自分で目にする事の少ないお尻。実は摩擦によるダメージを受けやすい部分なんです。

お尻がざらつく原因の一つに「摩擦から守る為に皮膚が肥大している」というのがあります。

お肌には本来持ち合わせているバリア機能が存在しており、座ったり下着の摩擦による刺激から肌を守る為に角質が分厚くなります。

それがお尻を触った時のざらつきの原因です。

他にも原因はいくつかあります。
まず「下着の締め付け」になります。

これは角質が肥大してしまう事に精通していますが、ほぼ常に身に付ける下着が自身に合っていない”締め付けの強い下着”だと、皮膚と下着が擦れて摩擦が起きます。

あとは肥大してしまう現象と同様で、下着による摩擦が外部刺激となりざらつきの原因となる訳です。

最後に「蒸れや汚れ」があります。

お尻はほぼ常に下着で覆われている場所です。他の体の部位と比べても、蒸れが生じやすく汚れも溜まりやすい場所になります。

普段気をつけて洗うようにしていたとしても、お尻は見えづらい部分なので洗い残しがある可能性もあります。

また、蒸れにより汚れが溜まり肌触りがザラザラとした感じになってしまうという事にもなります。

お尻のざらつきを改善する為に下着に注目!

上記に挙げた通り、「摩擦による刺激」はお尻のざらつきの大きな要因です。つまり常日頃着用する事になる下着にはこだわりたい所。

まず、下着の締め付けが強いものは絶対NG。必ず下着屋さんで自身に合うサイズの物を選びましょう。

そして、下着の素材にも着目してみましょう。常日頃肌に触れる物ですから、使われている素材は”天然素材”の物を選びましょう。

天然素材であるシルクやコットンで作られた下着は、ただ単に肌触りが良いというだけでなく通気性にも優れています。

下着内が蒸れてしまう事もお尻のざらつきの原因の一つです。蒸れないように天然素材で出来た下着を選ばれると良いでしょう。

お尻のざらつきを改善する為に保湿を!

普段何気なくスキンケアを行っていると思いますが、お尻はスキンケアをしていますか?

実はお尻の皮膚は弱いのに、ダメージを受けやすい部位でもあるんです。見える場所にスキンケアを施すのは当たり前かもしれませんが、実はダメージを受けやすい”お尻”にこそ保湿が必要になるんです。

入浴後に他の部位のスキンケアと同様にお尻にもケアを施しましょう。

今ではお尻用の保湿剤なんかも販売されていたりしますから、お尻のざらつきに悩む方は試してみてはいかがでしょうか?

お尻のかぶれの原因とその対処法とは?

Foundry / Pixabay

「お尻になにか違和感を感じる‥。」「お尻がかゆい‥。」「お尻に赤いブツブツがある。」そう感じているならば、お尻がかぶれている場合があります。なんでお尻がかぶれるの?かぶれたらどうしたらいい?という原因と対処法を紹介します。

お尻のかぶれは汗や下着、ナプキンが原因

お尻かぶれの原因は、お尻に刺激を感じた時に感じます。汗をたくさんかいたお尻は、下着によって蒸れやすくなっています。そうなるとお尻に雑菌が繁殖し、お尻が不衛生になります。そして、お尻がかぶれてまうのです。

さらに、生理中にもお尻は不衛生になってしまいます。血がついてしまったりという事もあれば、ナプキンが肌に合わなくてお尻はかぶれてしまう事があります。
お尻は下着を履いている事が多い場所なので、外気に触れる事が少ない場所です。そのため、どうしても蒸れやすくてかぶれてしまいます。さらに座るとお尻はイスや床に触れる部分なので、刺激を感じやすい場所だと言えます。

かぶれにはクリームで対応しましょう

ではお尻がかぶれてしまったらどうしたら良いのでしょうか?
もしかぶれてしまったら、かぶれに効くクリームを塗るようにしましょう。クリームは市販で売っているもので大丈夫です。「かゆみを止める。」など書いてあれば、それを塗って様子をみましょう。

また、下着やナプキンが肌に合っているかも見直した方が良いです。そして、夏や暖房が聞いた部屋にいる時はお尻に汗をかいてないかも確認しましょう。もし汗をかいていたら、下着を取り替えると良いです。

治らなければ皮膚科へ行きましょう

市販のクリームで治らなければ、皮膚科に行くとあなたにあった薬をもらえます。皮膚科ではお尻を見せなければいけないので、恥ずかしければ女性の医師がいる病院を受診しましょう。

皮膚科で処方される薬でも、市販の薬でもステロイド系の薬が多いかと思います。ステロイドと聞くと体に悪いと考える人もいるかと思いますが、短期間の肌に塗るステロイドならば健康に問題はありません。ずっと毎日、ステロイドを塗るのはあまりよくありませんが、かぶれが治ったら薬は使わなくなるかと思うので、あまり気にしない方がいいです。ステロイドは即効性があり、かぶれによく効きます。病院の先生でも積極的にすぎて系の薬を束っているほどです。しかし、もしも気になるならば、病院の先生に聞いてみましょう。

お尻がかぶれていると、不快感を感じますよね。かゆみを感じたとしても、掻いてはいけません。余計にかぶれが悪化してしまいます。早くかぶれを治すというのに専念しましょう。早く治すという意味でも、ステロイドはかぶれに効きやすい薬です。赤ちゃんのオムツかぶれにもステロイド系の薬はよく処方されるため、短期間の使用ならば害はありません。それよりも、ステロイドが入っていないからといってかゆみにあまり効かない薬を使っているのはストレスに感じるでしょう。早く治して、いつもの自分を取り戻したいですよね。

お尻が汚くなってしまう原因と改善策

皆さんは「お尻の悩み」ありますか?お尻の悩みは、なかなか誰かに相談することができないため、(もしかして自分だけ?)と思っている人も多いのかもしれません。

お尻って実は、肌トラブルがとても起きやすい場所なんです。ニキビや黒ずみなど鏡で後ろ姿を見たとき、ドキッとしてしまうときがありますよね。

そんなニキビや黒ずみなどの肌トラブルが起きてしまう原因は何なのでしょうか。

ついつい見えない場所なので忘れてしまいがちですが、お尻も顔や手足と同じお肌です。
なので同じように乾燥もするし、ホルモンバランスの乱れなども影響してしまうのです。

続きを読む

お尻の色素沈着の原因と治し方

お尻に黒ずみなどが出来てしまった場合考えられる原因は、色素沈着による黒ずみがほとんどです。その色素沈着の原因となっているのが、デスクワークなどの座りっぱなしの状態や下着の擦れによる摩擦が原因とされています。特に日本人の場合は、デスクワークが非常に多いため色素沈着の大体の原因となっています。デスクワークは、上半身全体の力や重さなどの負担が全て下半身であるお尻に来ます。体の半分以上の重さが座っているお尻に掛かるため、かなりの負担となりそれが下着などによって摩擦したことにより黒ずみなどの色素沈着が発生します。

また、デスクワークをしていなくても下着による擦れで色素沈着が起こる場合もあります。下着が作られている成分によって引き起こされることが多いことから、自然なものを使って作られた下着を着用することで改善するようです。

続きを読む