お肌の色素沈着を治す方法を取り入れケアをはじめませんか?

肌の色素沈着

さて本日は色素沈着の治し方についてのお話をさせていただきます。皆さまのお肌は色素沈着を起こしておりませんでしょうか?

色素沈着とはシミのことで、目立つシミとなるとメイクなどをしても上手く隠すことができず、女性にとっては大きな悩みとなります。

この色素沈着を消すためには、まずは原因を知ってこれ以上増やさないことが大切です。そして、そのケアと同時に、シミを消すケアをしていくことで、徐々に効果が現れ、以前のようなシミのない綺麗な肌に戻ることができます。

お肌と言うのは実はとてもデリケートな部分になりましてチョットしたトラブルが色素沈着を起こしてしまう場合もあります。

そして一度色素沈着になってしまいますと、なかなか治りにくいので色素沈着を隠すために、メイクを濃いめにして隠そうとする方が多いはずですが、実はこの様にメイクで隠さなくても根本から色素沈着を治す方法がございますので色々な色素沈着の原因を知るとともに推奨するいくつかご紹介をさせていただきたいと思います。

もし色素沈着でお困りの方がいらっしゃいましたら参考にしてみて下さい。

紫外線が原因の場合

さて先ずは幾つかある色素沈着の原因についてお話をしてゆきたいと思います。最初にお伝えをするのは紫外線による現象です。

色素沈着の原因として、多くの人が知っているのが紫外線です。昨今は年間を通して紫外線が強く我々の肌に突き刺さる時期がふえています。紫外線が肌に当たるとメラニンと言う物質ができて、このメラニンこそがシミの原因となってしまうのです。

なぜ、紫外線を浴びるとこのメラニンが作られるのかというと、肌を守るためです。紫外線の中には、肌奥深くにある真皮層まで影響を与えてしまうことがあります。このダメージから肌を守るためにメラニンは作られるのです。

通常の肌サイクルならメラニンが作られても体の外に排出してくれるのですが、肌サイクルが乱れているとこの機能が働かず、肌にメラニンが残ってしまうことになります。

またこのシミこそが色素沈着で最も多い原因となりますので特に女性の方を悩ませています。 ですのでこの問題を解消するには何よりも紫外線体にお肌を守ることが大切になります。ですので夏本番前のゴールデンウィーク当たりから紫外線クリームを塗ったりサングラスをかけたり帽子をかぶったりしてお肌を紫外線から守ることが一番のケアの方法になります。

肌トラブルによるニキビが原因の場合

色素沈着の原因となるメラニンは、紫外線だけが影響して作られるわけではありません。肌トラブルなどを引き起こすと、メラニンが作られることがあります。

ニキビが原因で色素沈着を起こす場合もあります。

例えば、ニキビができた後に茶色いニキビ跡が残ってしまったという人もいるのではないでしょうか。これはニキビからの刺激によってメラニンが作られ、色素沈着を起こしてしまった状態です。このように、色素沈着を起こさないようにするためには、ニキビを作らないケアも必要となります。

このメカニズムといたしましては顔にニキビができると炎症を起こすのですが、この時には活性酸素が発生するのですが、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが活性酸素は有害な物質であり、肌の細胞を傷つけてしまうのです。そうすると肌は有害物質である活性酸素から守ろうとして生理的に過剰なメラニン色素を発生させてしまいます。

ここまでお話しすると結末が分かった方も多いかと思いますが、このメラニン色素が色素沈着の原因となってしまうのです。またニキビが炎症を起こした箇所はメラニン色素がそのまま残ってしまい肌のターンオーバーが正常に行われないのでなかなか色素沈着が取れにくい場合があります。

根本的な解決策と致しましてはニキビを発生させない様に普段から肌に皮脂が溜まらないように洗顔に気を使ったり食生活においてもあまり脂っこい物を食べ過ぎないように致しましょう。

サプリメントで新陳代謝を上げる方法

色素沈着を抑えるには食事療法で治す方法がありますが、なかなか普段の食事では必要な栄養素が取りにくいので、サプリメントを摂って解消する方法が有効になります。

本来は肌のターンオーバーが正常に行われていると皮膚が入れ替わるのですがターンオーバーが遅れるとメラニンが肌に残ってしまうので、色素沈着が治りにくくなってしまいます。
色素沈着を治すためのサプリサプリメントと致しましては肌の新陳代謝を上げるための物となりその栄養素と致しましてはビタミンC(今ある色素沈着を撃退させます。)、ビタミンB(肌の免疫力を高めて新陳代謝を活発化させます。)、ビタミンA(メラニン色素自体の生成を抑えます。)、ビタミンE(抗酸化作用による活性酸素を撃退させたりメラニンの生成を低下させたりします。)などがあります。

確かに普段の食事でも栄養は取れますがこれだけの物を効率よく摂取するにはサプリメントを摂ることが良いでしょう。

最近では個々の栄養素にフォーカスしたサプリメントもありますが、マルチビタミンと言いまして色々な栄養素がコンパクトに一粒にまとめてあるタイプの商品も発売されていますので、興味のある方は一度ドラッグストアに行ってみて下さい。

摩擦には要注意

肌の色素が沈着している、シミや何か跡のようなものがある際に、どうやって治療やケアをしたら良いのか悩む方も多いのではないでしょうか。

摩擦によって、メラニン色素を発生させてしまうので、優しく肌をケアすることが大切になります。

色素沈着は紫外線や肌トラブル以外にも、摩擦によって起こることもあります。メラニンは摩擦などの刺激によっても分泌されます。

締め付けのきつい下着を身につけていたり、刺激の強いナイロンタオルなどを長期間使用していると、その摩擦や刺激などによってメラニン色素が生成され、色素沈着を起こすことになります。

このように、メラニンは、紫外線や肌トラブル、摩擦など、日常的に起こることによって引き起こされています。日常生活を見直して、色素沈着を起こさない生活を送るように心がけましょう。

こすらないで保湿をすることが大切になりますが、肌のバリア機能を高めるためにも、基礎化粧と呼ばれるケアが大切になります。

抗炎症コスメなどもあります。また、体の内側からキレイになる必要があるので、食生活の見直しやサプリメントの摂取なども大切になります。

特に、ビタミンCは、肌にとって大切な成分となります。

肝機能の低下なども、肌荒れの原因となりますので、注意が必要です。

ハトムギを配合している化粧品や漢方などは、シミに効くとされています。ドラッグストアなどで手軽に手に入るようですし、インターネットで探すこともできます。

顔のマッサージやイオン導入なども有効なケアです。

活性酸素を除去すると、肌ツヤが良くなります。

メラニンができることを抑制することが大切なのです。

自宅でのケア方法とは

色素沈着はセルフケアでも改善させることは可能です。肌には本来、メラニン色素を排出する働きを持っています。正常なターンオーバーの肌なら、この働きによって時間が経てば徐々にシミも薄くなります。しかし、この色素沈着で悩んでいる人はこのターンオーバーが乱れている可能性があります。ターンオーバーを正常化させるためには、まず肌ケアを見直しましょう。

洗顔などでもごしごしと洗っていたのではターンオーバーの乱れにつながります。しっかりと洗顔料を泡立て、手からの摩擦を防げば、今までごしごしと洗っていた人なら、それだけでもターンオーバーの正常化につながります。また、洗顔後の保湿、肌の代謝を促進させてくれるビタミンCやビタミンB群、ビタミンAやビタミンEなどの栄養をしっかりと摂取することも重要なポイントです。

肌のターンオーバーについても、よく目を向けておく必要があります。

ストレスやホルモンの乱れなども原因となることが多いので、肌をきれいに保つためには、リラックスを保つことが大切になります。

外側からのケアも大切なのですが、体の内側からのケアが非常に大切になります。

レーザー美容機器を活用することもおすすめになります。重度の色素沈着になると、美容外科など医療機関での診療を受けなければならないのですが、軽度の場合は家庭用美容機器によって治すこともできます。

家庭用美容機器を使用する際の注意点としては、必ず皮膚にクーリングジェルなどを塗布してから使用することになります。付属のジェルではなくても、美容機器用のジェルを販売されていることも少なくありません。

恥ずかしいので、自分でケアをしたい方は、セルフケアで徐々に薄くしていくこともできます。

肌はストレスを敏感にキャッチしやすい部位になります。

そのため、ストレスを溜め込みすぎないように適度に気分転換をすることが大切になります。

症状は人それぞれ違うので、相談をすることもできます。

ちなみに100円ショップなどでもビタミン化粧水が売られていますが、結構、バシャバシャボデイ用にも使えるのでおすすめになります。

全身化粧水を使うことで、かなりシミを薄くすることができるのです。結構贅沢かも知れないのですが、そこまで高い商品ではなくても効果を出せるものも少なくありません。

血流の悪化も原因となるので、よくマッサージをして血流の流れを良くすることも大切になります。

日焼けの紫外線によるものばかりでもありません。積極的に、紫外線を浴びろとは言いませんが、対策を取ることが大切になります。

どうしても治らない時には医療機関を利用する

セルフケアでは、美白化粧品を使ったり、ピーリング化粧品などを使ってケアする方法も効果的なのですが、それでも色素沈着が薄くならないという時には、医療機関での治療も考えてみましょう。

医療機関では、シミを薄くしてくれる薬もありますし、レーザー治療やケミカルビーリングなど、セルフケアでは得られないほどの効果を得ることができます。

医療機関を利用すると、定期的な通院が必要なため、ある程度の時間が必要になりますし、料金もかかります。しかし、その分高い効果が期待できるのが医療機関です。

セルフケアでは効果が得られなかった人、短期間で改善させたいという人は医療機関での治療がおすすめです。

美容外科ではなくても、皮膚科で普通に相談に応じてもらえるのが特徴になります。

ちなみに内側からケアをする方法なのですが、肌のリズムを整える働きがあり、メラニンの生成を防いだり、肌に沈着した色素を無色化したりするような医薬品もあります。

一人で判断するのが、難しい場合は、皮膚科などの医療機関で相談をすることができます。

脱毛によるシミや色素沈着の場合は、レーザー美容や光美容を活用することが少なくありません。

脱毛方法についても、考える必要があります。

糖尿病や腎疾患などの場合もありますので、医療機関で相談なさることもオススメの方法です。

病気の治療を最優先するためには、食事療法も大切なのです。栄養バランスを気をつけることなども、大切になりますので、生活習慣の見直しをすることが大切になります。

内側からのケアが本当に大切なので、バランスを考えて食事を取りましょう。

お尻の黒ずみが出来る原因とは?

ケアせず放って置いたことでお尻に黒ずみができているかもしれません。

黒ずみが出来てしまうとプールや温泉などで肌を露出する際にとても恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。お尻のトラブルは、人には相談しずらい部分で悩まれている方も非常に多い部分です。

お尻の黒ずみの原因は人それぞれですが、黒ずみが出来てしまった場合の対処方や原因などをまとめてご紹介していますのでよろしければ下記のリンク先も一緒にご確認ください。

お尻ニキビ黒ずみ専用ピーチローズ
Peach Rose

お尻の黒ずみの原因は様々!
黒ずみを解消するおすすめのケア方法