お尻のかぶれの原因とその対処法とは?

「お尻になにか違和感を感じる‥。」「お尻がかゆい‥。」「お尻に赤いブツブツがある。」そう感じているならば、お尻がかぶれている場合があります。なんでお尻がかぶれるの?かぶれたらどうしたらいい?という原因と対処法を紹介します。

お尻のかぶれは汗や下着、ナプキンが原因

お尻かぶれの原因は、お尻に刺激を感じた時に感じます。汗をたくさんかいたお尻は、下着によって蒸れやすくなっています。そうなるとお尻に雑菌が繁殖し、お尻が不衛生になります。そして、お尻がかぶれてまうのです。

さらに、生理中にもお尻は不衛生になってしまいます。血がついてしまったりという事もあれば、ナプキンが肌に合わなくてお尻はかぶれてしまう事があります。
お尻は下着を履いている事が多い場所なので、外気に触れる事が少ない場所です。そのため、どうしても蒸れやすくてかぶれてしまいます。さらに座るとお尻はイスや床に触れる部分なので、刺激を感じやすい場所だと言えます。

かぶれにはクリームで対応しましょう

ではお尻がかぶれてしまったらどうしたら良いのでしょうか?
もしかぶれてしまったら、かぶれに効くクリームを塗るようにしましょう。クリームは市販で売っているもので大丈夫です。「かゆみを止める。」など書いてあれば、それを塗って様子をみましょう。

また、下着やナプキンが肌に合っているかも見直した方が良いです。そして、夏や暖房が聞いた部屋にいる時はお尻に汗をかいてないかも確認しましょう。もし汗をかいていたら、下着を取り替えると良いです。

治らなければ皮膚科へ行きましょう

市販のクリームで治らなければ、皮膚科に行くとあなたにあった薬をもらえます。皮膚科ではお尻を見せなければいけないので、恥ずかしければ女性の医師がいる病院を受診しましょう。

皮膚科で処方される薬でも、市販の薬でもステロイド系の薬が多いかと思います。ステロイドと聞くと体に悪いと考える人もいるかと思いますが、短期間の肌に塗るステロイドならば健康に問題はありません。ずっと毎日、ステロイドを塗るのはあまりよくありませんが、かぶれが治ったら薬は使わなくなるかと思うので、あまり気にしない方がいいです。ステロイドは即効性があり、かぶれによく効きます。病院の先生でも積極的にすぎて系の薬を束っているほどです。しかし、もしも気になるならば、病院の先生に聞いてみましょう。

お尻がかぶれていると、不快感を感じますよね。かゆみを感じたとしても、掻いてはいけません。余計にかぶれが悪化してしまいます。早くかぶれを治すというのに専念しましょう。早く治すという意味でも、ステロイドはかぶれに効きやすい薬です。赤ちゃんのオムツかぶれにもステロイド系の薬はよく処方されるため、短期間の使用ならば害はありません。それよりも、ステロイドが入っていないからといってかゆみにあまり効かない薬を使っているのはストレスに感じるでしょう。早く治して、いつもの自分を取り戻したいですよね。

お尻の黒ずみが出来る原因とは?

ケアせず放って置いたことでお尻に黒ずみができているかもしれません。

黒ずみが出来てしまうとプールや温泉などで肌を露出する際にとても恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。お尻のトラブルは、人には相談しずらい部分で悩まれている方も非常に多い部分です。

お尻の黒ずみの原因は人それぞれですが、黒ずみが出来てしまった場合の対処方や原因などをまとめてご紹介していますのでよろしければ下記のリンク先も一緒にご確認ください。

お尻ニキビ黒ずみ専用ピーチローズ
Peach Rose

お尻の黒ずみの原因は様々!
黒ずみを解消するおすすめのケア方法