内股にできる赤い発疹の正体は、蕁麻疹(じんましん)が多い?

突然、内股がかゆいなぁ‥と思って見てみると、赤い発疹がブツブツと出来上がっているのを見た事はありませんか?全くこういった経験がないという人もいますし、昔あったという人もいると思います。

または、今でもたまにあるという人もいるかと思います。

この内股の赤いブツブツはなにか?という特定は素人では難しいのですが、皮膚科に行ってみたら蕁麻疹だったというケースが多いです。

そして、蕁麻疹の原因は実に様々です。

ハウスダスト、ダニ、ストレス、温度差、ペット‥。

原因を特定するためには、赤い発疹が出た時に「なにかやったかなぁ?」と振り返ってみるのが大事です。

子供の蕁麻疹は、風邪の後に起こる?

子供の蕁麻疹で良くあるケースは、風邪の後です。

風邪を引いている時は、ウイルスを追い出そうと体の免疫が活発化します。

そして、風邪が回復した後も免疫がまだ活発だと、皮膚に赤い発疹ができる事があります。

ただし、これは一例です。

子供でも生活環境の変化でストレスや疲れがたまり、蕁麻疹が出る場合もあります。

子供の場合は、生活が変わって楽しそうにしているのにストレスや疲れがたまって蕁麻疹がでる場合もあるので要注意です。

また、食べ物が体に合わなくて蕁麻疹が出る場合もあります。

それが内股だけという局部的な場合もあるので、見逃さないようにしましょう。

大人の蕁麻疹は、ストレスが原因?

大人の蕁麻疹で多いのが、ストレスです。

ストレスを感じるとホルモンバランスが崩れてしまい、様々な障害が体にのしかかります。

そのため、蕁麻疹を感じやすくなってしまいます。

もちろん、大人の蕁麻疹もストレスだけが原因とは言えません。

食べ物が原因で蕁麻疹が出る場合もありますし、虫が原因という場合もあります。

さらに体調の変化により、気温の変化で蕁麻疹が出る場合もあります。

子供の蕁麻疹もそうなんですが、なにが原因というのが言えません。

あれっ?こんな事で蕁麻疹って出るの?という事でも原因として考えられます。

内股に蕁麻疹が出たらどうすれば良い?

もしも内股に蕁麻疹ができたらどうすれば良いのでしょうか?蕁麻疹は、数分~二時間ほどで肌からいなくなります。

もし赤い発疹が出てもすぐに消えるようならば、しばらく様子をみましょう。

もしかすると、蕁麻疹が一時的なものかもしれません。

一週間ぐらいは様子を見て、それでも蕁麻疹が消えなければ皮膚科に行きましょう。

蕁麻疹は、原因を特定してそれを避ける事しかできません。

そして、蕁麻疹が出たら塗り薬を塗ってあげるようにします。

そうやって蕁麻疹と付き合っていくしか、方法はないのです。

内股の赤い発疹の原因は蕁麻疹以外にも考えられますが、もし発疹の中に虫に刺されたような小さい穴がなく、数時間で収まるようならば蕁麻疹が考えられます。

皮膚科に行くならば、蕁麻疹が出た時の内股を写メに取り、それを先生に見せましょう。

赤い発疹と言っても蕁麻疹かどうか断定は難しいので、写真があると先生は助かります。

お尻の黒ずみが出来る原因とは?

ケアせず放って置いたことでお尻に黒ずみができているかもしれません。

黒ずみが出来てしまうとプールや温泉などで肌を露出する際にとても恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。お尻のトラブルは、人には相談しずらい部分で悩まれている方も非常に多い部分です。

お尻の黒ずみの原因は人それぞれですが、黒ずみが出来てしまった場合の対処方や原因などをまとめてご紹介していますのでよろしければ下記のリンク先も一緒にご確認ください。

お尻ニキビ黒ずみ専用ピーチローズ
Peach Rose

お尻の黒ずみの原因は様々!
黒ずみを解消するおすすめのケア方法