お尻の黒ずみと皮膚科について

お尻の黒ずみに気づいたあなたはどういう対処をしていますか?
早くなくしたくてゴシゴシ擦ってしまったり、保湿クリームを塗って薄くなれ薄くなれと長期間に渡って頑張っていますか?

少しでも早く黒ずみを無くしたいという方は自分でのケアとプラスして皮膚科の治療がオススメです。
ただし、お尻を診てもらう事になりますので少し気が引けてしまうと思います。

更に実際どんな治療をされるのか不安もあると思いますので簡単に皮膚科での治療法をまとめてみたのでご覧いただければと思います。

レーザー治療

お尻の黒ずみを皮膚科で治療してもらうのには一番メジャーな治療方法となります。

黒ずみはメラニン色素が原因となっていますので、その色素を光レーザーで治療していくというのがこの治療方法となります。
このレーザーの場合、ピーリングの効果を得る事が出来ます。

肌サイクルを正しく早くする治療になり、肌のトラブルを防いでくれるという魅力もあります。
また、薬を使わないというメリットがありますので何か薬でアレルギーをお持ちの方でも基本的に大丈夫と言われています。

ただし、光アレルギーをお持ちの方はこの治療を受ける事が出来ないのでご注意下さい。

最近では保険も適用するようになってきましたが、まだまだ適用外な事が多いのでレーザー治療をご希望の方はしっかりそれぞれの病院を調べる事をオススメ致します。

ケミカルピーリング

こちらは効果はレーザー治療と同じで肌サイクルを正しくして今後の肌トラブルを防ぐという効果があります。

方法は酸を塗る事で古い角質を溶かし、取り除くというものです。
元々はニキビ痕の治療に用いられていました。

効果はとても期待出来ますが、この治療法を受けた後はしっかりと保湿ケアをしないと乾燥肌になってしまいますので、治療後のセルフケアに気を遣うようにしましょう。

近年自分でもこのケミカルピーリングが出来るキットも発売しているので利用する方も多い治療法となっていますが、しっかり皮膚科で専門の知識がある方に治療をしてもらったほうが綺麗に出来ますのでなるべく皮膚科の治療を受けるようにしましょう。

通常の皮膚科の治療と同じように塗り薬や飲み薬での黒ずみの治療となります。

塗り薬の場合、シミや火傷の治療にも用いられるハイドロキノンやとレチノイン配合の薬を処方されます。
これを毎日塗る事で少しずつ黒ずみを薄くしていくという治療法になります。

ハイドロキノン配合の薬はネットでも販売されていますが、実際はハイドロキノンに似たものなのでネットでの購入は控えるようにしましょう。
最近では普通の薬局でハイドロキノン配合の薬が少しずつ販売されてきていますので、ネットで購入するよりはそちらを購入する方が良いでしょう。

しかし皮膚科の方がしっかり診療した結果での配合量にしてくれる点や、変に他で購入するよりも確実に安全なものを処方してもらえるのでオススメです。

飲み薬の場合は、肌に良いとされるビタミンC,Eやトラネキサム酸などの美白効果のある成分が入った薬を処方してもらえます。
体の中からの治療ですので、飲み薬プラス塗り薬で内からも外からも黒ずみの対処が出来ます。

飲み薬の場合、お尻の黒ずみだけではなく他の部分の黒ずみやシミにも効果がありますので一石二鳥となります。

お尻の黒ずみが出来る原因とは?

ケアせず放って置いたことでお尻に黒ずみができているかもしれません。

黒ずみが出来てしまうとプールや温泉などで肌を露出する際にとても恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。お尻のトラブルは、人には相談しずらい部分で悩まれている方も非常に多い部分です。

お尻の黒ずみの原因は人それぞれですが、黒ずみが出来てしまった場合の対処方や原因などをまとめてご紹介していますのでよろしければ下記のリンク先も一緒にご確認ください。

お尻ニキビ黒ずみ専用ピーチローズ
Peach Rose

お尻の黒ずみの原因は様々!
黒ずみを解消するおすすめのケア方法