お尻のトラブルって?原因と症状について

他人には簡単に相談する事の難しい『お尻のトラブル』。

代表的に知られているのは、やっぱり『痔』ですよね。

痔になる原因にも様々あるものの、意外と簡単に痔になってしまいますから痔に悩まれる方もたくさんいらっしゃいます。

痔になる原因は?

痔というのは、肛門に炎症が起きてしまうものです。

その炎症が起きてしまう原因には色々あります。

座る時間が長い方、排便時にいきんでしまった時、便秘や下痢といった排便時の状況などがあります。

女性の方であれば、妊娠中には便秘になりやすい時期というのもあって痔になりやすい環境になります。

出産時にはお尻から出す訳ではないものの、いきむ時にはお尻に力を入れる為裂傷を起こしやすくなります。

こういったように他人事のように思っていた方でも、意外と簡単に痔になる可能性はあるのです。

痔の種類

一言で『痔』と言っても、様々な種類があります。

痔の中で一番多いのが『いぼ痔』です。

肛門周辺の血流が悪くなり、静脈がうっ血して膨らみが出来ます。

この膨らみが一見、いぼに見えるのでいぼ痔と呼ばれています。

他にも肛門の出口に裂傷が出来てしまう『切れ痔』、直腸から肛門付近まで管が出来てしまう『穴痔』があります。

色々な種類がありますが、個人で大した事がないから…と放置したりせずに病院を受診しましょう。

放置してしまうと悪化して痛みが増したり、出血量が増える場合もあります。

気付いたら早めに受診しましょう。

痔の症状

病院に受診しようと思っても、一体痔ってどんな症状が出るのか分からなければどうしようもありませんよね?痔の症状としては、出血、排便痛、肛門の痒みがあります。

まだ痔になって最初の頃というのは、出血量も少ない為に気付きにくかったりします。

市販されている痔の薬というのもありますが、痔の種類によっては効果がないものもあります。

痔の治療を行ってくれるのは、肛門科になります。

なかなか人には相談しづらいデリケートな部分ですが、早期発見、早期治療が大切です。

自分で判断して痔だと思って受診したものの、違う病気が隠れていた…なんてケースもあります。

進行してからでは排便痛や出血も酷くなったりしますし、いぼ痔の場合には放置するといぼが段々大きくなります。

酷くなるといぼが飛び出してきてしまう場合もありますから、注意しましょう。

病院をきちんと受診すれば、痔の状態を見ながら適切な治療を受けられます。

それ以外にも状態を見ている段階で、痔以外の病気の可能性も調べますからもし違う病気の場合にも治療しましょう。

いずれにしても悪化しない内に適切な治療を受けましょう。

お尻の黒ずみが出来る原因とは?

ケアせず放って置いたことでお尻に黒ずみができているかもしれません。

黒ずみが出来てしまうとプールや温泉などで肌を露出する際にとても恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。お尻のトラブルは、人には相談しずらい部分で悩まれている方も非常に多い部分です。

お尻の黒ずみの原因は人それぞれですが、黒ずみが出来てしまった場合の対処方や原因などをまとめてご紹介していますのでよろしければ下記のリンク先も一緒にご確認ください。

お尻ニキビ黒ずみ専用ピーチローズ
Peach Rose

お尻の黒ずみの原因は様々!
黒ずみを解消するおすすめのケア方法